ナツメブログ

田舎暮らしをより楽しむ主婦のブログ

「万病の妙薬ショウガ」の黒砂糖漬けで心も体もポカポカに!

朝晩冷え込み始めると、冬支度に忙しくなります。扇風機をしまい、ストーブを出す。衣替えをする・・・と、しなければならないことは山積みです。

でも、私の一番の冬支度は体調管理。はた目には「お元気そうで・・・」と思われいるようですが、そうではありません。命を失いかけたほどの長く、しつこい冷えと付き合うには、日々の努力が不可欠となります。特にこの季節は切り替えが大切なように思いますね。

こんな季節に役立つのが、ショウガの黒砂糖漬けです。石原結實先生は、早くから“ショウガ紅茶”を勧めておられますが、著書『医者いらずの食べ物事典』の中で、ショウガのことを、稲作と共に渡来した「万病の妙薬」と紹介しておられます。

ショウガは漢方薬の70%に使われているとのことです。それだけショウガのパワーがすごいのだろうと、改めてその効果効能に目を見張りますね。

●血管を拡張して血圧を下げる

●血栓をとかす、脳の血流をよくしてうつ病に効く

●発汗・解熱作用を示す

●食中毒をはじめばい菌を殺す

●白血球の力を増して、免疫力をあげる

などのすばらしい効果効能があるとのことです。ただし、『食べて治す医学大事典』には、刺激性が強いため、痔の人や充血性の眼病の人、おできのできやすい人は多食を控えるようにと書いてありました。

それでは、ショウガの黒砂糖漬けの作り方をお知らせしたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

《材料》

ショウガ       150g

黒砂糖(粉)      50g

シナモン(粉)     少々

黒コショウ(粗挽き)  少々

酢          大さじ1

 

《作り方》

1)ショウガは薄切りにして水にさらし、ザルにあげる。鍋に湯を沸かしてサッとゆで、ザルにあげて水けを切る。

2)ポリ袋に黒砂糖・シナモン・黒コショウ・酢を入れ、水けをきったショウガを加える。

3)袋の上からよくもんで混ぜ、口を結ぶ。冷蔵庫に30分以上おいて味をなじませる。

お茶うけに。また飲み物に入れてショウガ紅茶・ショウガココアにしてもおいしくいただくことができます。体がポカポカしてきます。

それと、黒砂糖にもリラックス効果があるようですね。白砂糖を使ったお菓子を食べ過ぎると、その消化吸収にビタミンやカルシウムを多量に必要とするため、これらが不足し、イライラや精神不安を引き起こすそうです。

それに対して黒砂糖にはミネラル・カルシウムがたっぷり含まれているそうです。脳や神経の興奮を鎮め、リラックスさせる作用があるとのこと。

体が元気になれば、心も元気になりますね!先人が発見したすばらしいショウガのパワーを見直し、上手に日々のくらしの中に取り入れていきたいと思います。


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。