ナツメブログ

田舎暮らしをより楽しむ主婦のブログ

真紅のバラは希望の花、母にもらった元気玉

赤い花は元気をくれるようだ。ハイビスカス、サルビア、真紅のバラも好き。

真紅のバラには子供の頃の思い出がいっぱい詰まっている。

裏木戸を出たところに20cmくらいの挿し木がしてあった。母だった。

どこかで枝を貰ってきたとのことだった。

それはみるみるうちに大きくなってたくさんの花を咲かせるようになった。

人見知りが激しくて、その頃の私にはあまり希望というものがなかったように思うのだが、真紅のバラを見たときに何だかとても不思議な気持ちになったことを今でもはっきり覚えている。

スポンサードリンク



世の中にはこんなにも美しいものがある!生きるって、案外楽しいものかも知れない・・・。
小学1年生でこんなことを感じる私は、いったいどんな子供だったのだろう?

自分でも理解に苦しむところだけれど、美しい花を知ってからの私はどんどん変身していったように思う。


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。