ナツメブログ

田舎暮らしをより楽しむ主婦のブログ

このブログの成り立ち、それは私なりの恩送り

初心者マークつきのヨチヨチ歩きでスタートしたナツメブログ。どうなることかと不安でいっぱいでしたが、今日で20回目の投稿となりました。

つたない文にお付き合い下さる皆さま方に心から感謝します。ありがとうございます。

ブログを始めたきっかけは、1つはボケ防止です。退職して体調を崩していたころ、物忘れをするようになりました。「アレ、ケイタイどこに置いたっけ?」といった具合にです。

生活スタイルを変えて脳を活性化しなければ・・・とあれこれやり始めた時に、長男からブログの話がありました。

文章を書くことはまあいいとして、66歳の手習いー初めて手にするキーボードは不安でいっぱいでした。なにしろケイタイのメールで精いっぱいだったのですから・・・。

ウーン、どうしたものかと迷っていた時に、長男の言ってくれた言葉が、私に「決定」のキーを押させてくれました。

「今、体調を崩して、何かいい方法はないかと藁をもつかむ思いで探しとる人はいっぱいおるんよ。それにブログだったら一度にたくさんの人に伝えることができる!」と。

凍傷にかかって生まれ、産婆さんの献身的なマッサージで助けられたという私。その後も何かと手のかかる子でした。手を引くくらいでは前に進めなくて、おんぶして下さった方も多かったことだろうと感謝しています。

そのおかげでやっと一人前になったと思ったら、原因不明、手当て法もないまま、普通の人なら死んでいるといわれる状態にー。

スポンサードリンク



ことに両親にはずいぶん心配をかけました。回復してから何年もたった時に母が言いました。「あの時は、あんたはもうダメだろうと思って、毎日胸が張り裂けそうだった・・・」と。

接骨院で顔見知りになった私を「元気になってね!」とお茶に誘って下さった方、これを食べて(飲んで)と勧めて下さった方、健康に関する本を下さった方。また引っ張られるようにして行った図書館で手にした数々の本。

後に接骨院の先生から開業以来の重症患者であったと聞かされた私でした。私が回復するためには、人も野菜も、そして健康法も、その全てが必要だったのだろうと思います。

助けてもらいっぱなしで「ありがとうございます」と感謝したくらいでは、とてもすまされないとの思いは、日ごとに強くなっていました。

マンツーマンで、自分にできることをボツボツお返ししていた時にきたブログの話。

「さぁ、お前を助けてやったのだから、今度はお前がお返ししていくのだよ」と、道を開いていただいたような気がします。

このブログを書く決心をさせた二つ目の大きな理由、それは私なりの恩送りです。

このような素晴らしいステージを用意してくれた長男に感謝します。そしてこれまでに私が戴いた宝物のことを、一つ一つ感謝を込めて書いていきます。一人でも多くの皆さまのお役に立てることを念じながら・・・。


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。