ナツメブログ

田舎暮らしをより楽しむ主婦のブログ

めざせ!100万回の「ありがとう」

12月7日、69歳の誕生日に「そ・わ・かの法則」をいただいて10日ほど過ぎた頃、私はなぜか「ありがとう」という言葉が気になっていました。

そして今年1年の流れを振り返ってみた時に、この一年間は「ありがとう」のひと言に尽きると思い至ったのでした

2016年12月、長男の勧めで初めての投稿をしました。書くだけならなんとか、と軽い気持ちで始めたものの、タブレット相手の作業はなかなか・・・。幸い長男のサポートのおかげで1年間はアッという間に過ぎました。

恩送りとボケ防止を兼ねてスタートした“ブログ”という新しい世界は私にたくさんのワクワクをプレゼントしてくれたようで、楽しい毎日でした。

ところが「ヨシ、この調子!」と腕まくりして迎えた2018年は、予想もしなかった波乱含みの1年になってしまったのですね。

2、3月は「筆が進まないのはスランプのせいかも。誰にでもあることだっていうから・・・」と気分転換につとめていたのですが、途中から自分が自分でなくなっていくような・・・そんな不安にかられるようになりました。

6月20日投稿の「もしかして私はアルツハイマー?元凶は冷えによる睡眠負債だった!」に経緯を書いていますが、生まれて初めて不安を覚えました。

子供の頃から私にはノー天気なところがありました。勉強ができなくても、何ができなくても、黙々と進んでいたら、必ず誰か(何か)が助けにきてくれる。そして道は開ける!と信じて生きてきたような気がします。

理由は分かりませんが、いつもその法則が働いていたので、いつの間にか自分の中で「確信」になっていたのだろうと思います。どんな時も不安を覚えることはありませんでしたね。

それどころかピンチを迎える度に「今度は誰が、どんな形で助けにきて下さるのだろう?」と、泣きながら、なぜかワクワクして待っていたという不思議ちゃんでした(笑)

でも、そういう「信」というか強気は、脳が正常に働いていて初めてできる芸当であることを知りました。初めて体験した何とも言いようのない不安は、もしかしてそれができなくなるかも・・・との怖れだったように思います。

そしてふと頭に浮かんだのは、年頭に引いたおみくじ。

「繕えど  繕えど  雨漏り止まぬ  ボロ家かな」

スポンサードリンク



何を暗示しているかは分からないけれど、何か問題が生じる。「心配ごとの絶えない1年になりそうだから、心して暮らしなさい」という天からのメッセージと受け止めました。

リラックスして楽しい毎日を過ごしていたつもりだったのですが、思わぬ所に落とし穴があったようです。それが冷えによる睡眠負債だったのですね。

どうすればこのトンネルを脱け出すことができるのだろう・・・どうか良い医師にご縁がいただけますように・・・と念じながら、ネットを検索。良いと思われる方法を一つ一つ実践する毎日が続きました。投稿数こそ少ないですが、今年のブログは悪戦苦闘の中で掴んだ一つ一つの記録です。長い長い365日でした。

ボケ防止にとブログを勧めてくれた長男ですが、まさか本当にそれが役に立って、私という一人の人間の魂を救う結果になろうとは、夢にも思わなかったことでしょうね。本当に良いタイミングでした。

姿こそ見えないけれど、69年間ずっと私を助けて下さった大きな力は、今度もまた私を助けて下さったようです。

タブレットという魔法のアイテムも、いずれそれが必要になることを見越して用意して下さっていたのだろうと思います。世の中に偶然ということはないとと聞きますから・・・。

 

一番最初のブログで、人生からの贈り物・・・それは「命」と「冷えとり」であると書きました。

冷えがもとで命が危うくなったのはこれで3度目。凍傷にかかって仮死状態で生まれた時が私の人生のスタートでした。

次が30代半ば。原因不明、手当法もないままBMI15、5。普通の人なら死んでいます、と言われる中での奇跡の生還。そして今回の冷えによる睡眠負債です。

69年間ずっと助けられっぱなし。いまだにいただくばかりで恩返しどころではありません。何か私にできることはないかしら?と考えていたら、自然に「100万回のありがとう」が浮かんできました。

どんなに頑張っても、自分の力だけではたいしたことはできそうもありません。「ありがとう」の言霊(ことだま)の力をいただいて、何かお役に立てる自分に変身できれば・・・と思います。

ほとんど投稿ナシといった日々が続きましたが、支えて下さる皆様のおかげで健康回復。またこうして投稿できることに感謝致します。心を込めて「ありがとう」を贈ります。どうぞよいお年をお迎え下さい。


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。