ナツメブログ

健康と趣味の話を書いていくブログ

修学旅行の思い出は小猿とのお菓子争奪戦とマリーゴールド

マリーゴールドがかわいい花を咲かせています。独特の香りがあり、病害予防に効果があると教えられて、コンパニオンプランツとしてあちこちに植えて楽しんでいる花です。

このマリーゴールドの花が咲く頃になると、私は修学旅行中に起きた小猿とのお菓子争奪戦とMさんのことを懐かしく思い出します。

46年も前のことになります。退職して帰郷、ぜひにと請われて地元の企業で働いていた時のことです。

「Sさん、あんた私のことを覚えていますか?」と声をかけてきたおじいちゃんがいました。元気いっぱいのMさんでした。

 

 

「申し訳ありませんが・・・」と答えると、「そうでしょうな、あの時あんたはまだ小学6年生だった。こんなおじいちゃんのことを覚えてないのも無理はありませんな。ハッハッハ・・・」と笑って、懐かしそうに話して下さったのが私と小猿とのお菓子争奪戦のことだったのです。

「高崎山に行った時、あんた持っていた袋を小猿に取られかけたでしょう。実はあの時ワシはPTA会長として同行していたんですよ。」と言われて、私は「エッ」と思いました。あの事件のことを知っている人がいたことに驚いたのです。

実は高崎山に着く前に、バスの中で注意を受けていました。それはお菓子のようなものがちらっとでも見えたら、猿が奪いに来るから十分気をつけて!という注意でした。

猿カニ合戦や桃太郎の昔話で、猿は身近なものに感じていましたが、私は本物の猿は見たことがありませんでした。大きさもその習性も何にも知らなかったのです。

スポンサードリンク



手提げ袋の中には、小さなお菓子の袋が一つだけ入っていました。こんなに注意されるくらいだからよくよく気をつけてと、丁寧にハンカチでくるんで手提げ袋の中に入れたつもりだったのですが・・・。

みんなで石段を上がっていたときに、いきなり手提げ袋を引っ張られました。振り返ると小猿が一匹。すごい力で引っ張っているではありませんか!可愛いと思う間もなく、歯をむき出して威嚇してきましたね。

こんなチビちゃんに負けるもんですか!と引っ張り合いをしていたら「なんだ、なんだ」「どうした、どうした」といった感じで、猿がゾロゾロと集まって来ました。集団って怖いですね!

「コワい~もうダメ!」私は手を緩め、小猿が近くの枝に飛び移ろうとしたその時、全力で駆けつけた若い男性が取り返して下さいました。監視員の方でした。ありがたかったですね!

Mさんも私と小猿の争奪戦に気づき駆け出そうとした時に監視員の方がこられてホッとしたと言っておられました。私はただただ震えるばかりで頭は真っ白だったのですが、皆さんにご迷惑をおかけしたことを知って、猛反省でした。

猿は相手が女性や子供と見ると、歯をむき出して思い切りおどすか、隙をみて引ったくる。時には噛みついて強奪することもあるそうです。

さて、手提げ袋は取り返して貰ったものの山を降りるまでは生きた心地もない私でした。でも花壇いっぱいに植えられたきれいな花をみて元気が出ました!それがマリーゴールドだったのですね。

今はあちこちでよく見かける花ーマリーゴールド。でも当時は学校の花壇にもご近所にもどこにもなかった花でした。だからこそよけいに私を引きつけてくれたのだろうと思います。ヤレヤレ助かった!と、大きく深呼吸をしたことを思い出します。


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。