ナツメブログ

健康と趣味の話を書いていくブログ

もしかして私はアルツハイマー?元凶は冷えによる睡眠負債だった!

睡眠負債とは、少しずつの睡眠不足が借金(負債)のように積み重なって、体や心、脳にダメージを与えてしまうということだそうです。

1月半ばから、それまでは順調だったブログが書けなくなりました。あれから5ヶ月ぶりの投稿です。支えて下さいました皆様に心より感謝致します。ありがとうございます。

毎朝、目がさめるのを待ちかねるように5時起床。ワクワクしながら一日のスタートをきると、勝手にタイトルと文章が浮かんできていました。私はそれを書きとめるだけの楽チン作業だったはずなのですが・・・。

「コレコレ、私の脳みそ君、なにしてござる?起きてよ、起きて!」といくら呼びかけても、ウンともスンとも答えの返ってこない日が続いていました。

さて、どんな不調も「快食・快眠・快便」で、68歳までのらりくらりと逃げ切ってきた私。

「この体では食べることも眠ることもできないはずです。普通の人なら死んでいます。眠れる体を貰ったことを神さまに感謝して下さい!」と鍼灸院の先生を驚かせたのは35年前のことでした。

以来、いつでも、どこでも、どんな条件下にあっても眠れることは私の特技。“眠りの女王”の称号を貰ってもおかしくないよね・・・と自負していたのですが、人生には想定外ということが起きるようですね。

68歳にして初めて眠れない夜の辛さを味わうことになりました。『健康は失った時にそのありがたみがわかる』と言われますが、まさにそのとおりですね!

この冬は厳しい冷え込みが続きました。そして、ここ2、3年はホッカイロを必要としなくなっていた私の足も、ふくらはぎから足先にかけて冷え切っていたのです。

足湯をして眠ると寝つきはよいのですが、毎晩2度、3度、冷えのために目がさめることが続いていました。

スポンサードリンク



冷えのせいで眠れないのでは・・・と考え、これまで私を助けてくれた湯たんぽ・玄米カイロ・セロリ湯・生姜の黒砂糖漬け・・・総力結集でやってみたのですが、今回ばかりはダメでしたね。

そうこうしているうちにあんなに大好きだった料理がおっくうになる。メニューが浮かばなくなる。得意中の得意だった片付けもままならないということが続くようになりました。そして生まれて初めての食欲不振というオマケまでついてきました。

「おかしい・・・変よね・・・」と思っていた時に「えっ?」と思うことが起きました。掃除機を分解、組み立てようとした時のことです。

いとも簡単にできるはずのものがどうしてもうまくいかない。焦りましたね。その時「もしかして私はアルツハイマー?」との思いがよぎって、パニックになりました。

『認知症は早期発見、早期治療が鍵』の言葉を思い出して急ぎ心療内科を受診。そしてMRI検査で異常なしとの結果をいただいた時はホッとしました。「バンザイ!」の心境でしたね。

「食事」「有酸素運動」「コミュニケーション」そして脳の力を最大限に発揮する秘訣は「好奇心」と聞いていました。できる限りその条件を満たす努力はしてきたつもりだったのですが「冷え」と「眠り」は盲点でしたね。

ボケは40歳頃から始まっているそうです。人の名前が思い出せなかったり、昨日の食事の内容を忘れたり・・・。そんなサインを見逃さないことが大切な予防だそうです。

私もなんとかサインを見落とさなかったことに感謝しています。あのまま放置していたら今頃は・・・と思うとゾッとしますね。

生き方をかえることでボケは進行を抑えたり、予防することができるようです。正しい情報をしっかりと受け止めて「幸せな人生」を楽しみたいものです


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。