ナツメブログ

健康と趣味の話を書いていくブログ

フリフリグッパー体操で気分快適、身体ポカポカ!

昨年末、腰に違和感を覚えて接骨院に行った時「今回の腰痛は足元の冷えからきているから足を冷やさないようにと注意を受けました。

それでも「以前よりはずいぶん状態がよくなっている」とほめられたのに気をよくして、長年続けてきた1日6000歩のウォーキングは続けていたのですが、年が明けてからは寒さの厳しい日や雪の降る日が多く、休みがちになっていました。

おまけに悪天候の日は車でスーパーへという流れになって、ますます運動不足に・・・。

そこで冷え症にも効果があるという貧乏揺すりをしてみたり、階段を朝晩10分間ずつ上り降りしてみたり・・・とあれこれやってみましたが、狭い家の中でのそれらはあまり楽しいものではありませんでしたね。

何かもっと楽しくて効果のある運動はないかしら?と探していた時に、動画で「フリフリグッパー体操」を見つけました。

この「フリフリグッパー体操」は、筑波大学の征矢英昭教授により考案されたものと紹介されていました。

いつでも、どこでも、だれでもできる魔法のエクササイズ。ダイエットのみならず脳フィットネス効果もあって、痴呆症、うつ病、ネガティブ思考にも効果てきめんとのことです。

また体幹(腹筋・背筋)のトレーニングにも重きをおいたプログラムで、姿勢もよくなり、転倒防止効果もあるのだとか。

スポンサードリンク



【フリフリグッパー体操のやり方】

1)足を肩幅に広げて立つ(つま先をハの字にすると腕が振りやすくなる)

2)つま先は床につけたまま、交互に足踏みをするようにかかとを上げ下げする

3)足踏みにあわせて腰を左右に振る

4)慣れてきたら、腕を広げたり、閉じたりする。腕を広げた時には「グー」閉じた時には胸の前で「パー」に開いて、手を叩く

※2~4を繰り返す。この時に音楽にあわせて歌いながら行うとさらに脳が活性化する

※1日何回行ってもよいが、1回につき3分間は続ける

※頭はてっぺんを糸で吊されたようなイメージで、なるべく動かさないようにする

私は「どんぐりころころ」でしばらく練習。10分間も続けると、なんだか楽しくなってきて、体がポカポカしてきました。ウォーキングを30分した時よりもあたたかくなったように感じましたね。

今は少しテンポの速い「エビカニクス」「恋するなべぶぎょう」の曲にあわせて「フリフリグッパー体操」を楽しんでいます。

防災訓練の時に「何よりも自分が健康で、自力で逃げることができること!」とアドバイスをいただきました。自力で逃げる体力をつけるためにも、しっかり「フリフリグッパー体操」を続けよう!と思っています。


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。