ナツメブログ

田舎暮らしをより楽しむ主婦のブログ

2021年4月5日
から admin
0件のコメント

月遅れの節句~ツワブキの巻き寿司が届きました

3月3日は女の子の健やかな成長を祈る日、ひな祭りです。でも、私の住む地域では、1ヶ月ずらして4月3日にひな祭りをします。月遅れの節句ですね。

いつ頃からそうなったのかはわかりません。子供の頃からずっと月遅れで楽しんでいたように記憶しています。

 

当時はガスも電気炊飯器もなかった時代。ご飯はかまどで炊き、惣菜は七輪で作っていました。ちなみにプロパンガスが各家庭に入ってきたのは、私が小学4年生の時でした。

そんな台所事情もあってか、お弁当の定番はどこの家庭も巻き寿司。それぞれの家庭で、入っている具材もいろいろでした。

 

 

幼い頃は家族で、大きくなってからは子供達だけで、男女に分かれて禿げ山のてっぺんで遊んだものでした。シダの葉っぱを敷物に、小屋を作ったりして遊びました。それぞれに愛情いっぱいの巻き寿司をほおばりながら、時のたつのも忘れて大騒ぎをした日々を思い出します。

 

月遅れの節句は「桃の節句」ならぬ「桜の節句」。例年なら桜の名所のあちこちにござを広げて場所取りをしたものですが、コロナ・強風のダブルパンチを受けて、、今年は自宅で普段のメニュー・・・。

夢がないかな・・・と考えていたら、「ツワブキの巻き寿司を作ったから取りに来て!」とNさんから電話がありました。バンザイ!でしたね。

スポンサードリンク



料理上手のNさん、巻き寿司はNさんの十八番です。中でもツワブキの巻き寿司が一番好きなのだそうです。そして、使われたツワブキは私が先日さしあげたもの。

 

 

ツワブキは海岸近くの岩場や山林の中に自生しています。そしてリアス式海岸のこのあたりは、蛇行した農道沿いにたくさんのツワブキが生えています。あちこち走りまわって抜きとるのは大変ですが、やってみると、これが面白い。童心に返って一生懸命やっていたら、あっという間に一抱えのツワブキをとることができますよ!

でも、「ギブアンドテイク」とは言え「海老で鯛を釣る」ような気がしないでもないのですが、喜んでいただいて何より・・・と受け止め、2本の巻き寿司を仲良く、美味しくいただきました。

 

最近はスーパーでツワブキやワラビなどの山菜を目にすることは少なくなってきました。それだけ、採る人も料理する人も減ってしまったのかな~と思うと少し寂しくなってきますね。

自然からの贈り物・山菜は免疫力アップの最強食材と言われているそうです。確かに、あく抜きなどの下処理は面倒ですが、この食文化がいつまでも続きますように・・・と祈らずにはいられません。

2021年3月30日
から admin
0件のコメント

ココロ元気!カラダ元気!家庭菜園は魔法の庭

コロナによる影響で自宅にいる時間が多くなりました。“おうち時間”という言葉には心地よい響きがありますが、現実は厳しいようですね。

運動不足によって筋肉の衰えや転倒が増えたとか、糖尿病・高血圧などが悪化したとか・・・暗いニュースが増えています。

また、他者との会話が減ったことで、うつ病のような症状になる人も増えていると聞きます。特に私の住む地域は高齢者、特に一人暮らしの方が多いので、その傾向が強いようです。

1日中家にいて、会話の相手は愛犬だけ。しかもそんな日が何日も続くのよ・・・と嘆いておられた方もいました。

 

 

健康を維持するためには、次の3つが大切と言われています。

1)栄養  バランスのとれた栄養

2)運動  適度な運動

3)休養  十分な休養(睡眠)

 

わかっちゃいるけど実現は難しいよ・・・と思われている方が多いようですが、答えは案外すぐ傍にあるようですよ。私のまわりにも、一歩前進して世界が変わった方がたくさんおられます。

それが「家庭菜園」です!

思い立ったその日から、何歳からでも始められます。しかも、畑がなくても、プランターや袋栽培でも好きな野菜を育てることができます。ダメ元で手軽にスタートしてみませんか?

種を蒔いてもいいし、自信がない時は種苗屋さんに行けば、安く入手する事ができます。便利な時代になりました。

 

 

植物を育てるのが上手な人のことを「グリーンハンド」と呼び、植物を枯らす名人を「ブラウンハンド」というそうです。

自分は野菜を育てた経験がないから・・・とか、枯らす名人だから・・・とか尻込みする人がいますがそれは単なる思い込みだと思いますね。経験がなければ、今から作って行けばいいのです!まったく経験がない人が、いきなり上手に育てられたら、それこそサプライズ!です。

それが証拠に、実際に野菜を育ててみたら「自分にこんなスゴい能力があったのか!」と驚き、あっという間に名人になる人が多いのですよ。

 

 

ずっと以前は“趣味と実益”と言われていた家庭菜園。でも、40年近く続けていたら、実はもっともっとメリットがあるように思えてきました。たとえてみれば「魔法の庭」ですね。家庭菜園のメリットについて思いつくまま書き出してみました。

 

 

《家庭菜園のメリット》

※新鮮なものを収穫して食べることができる

※自分が欲しい野菜を栽培することができる

※節約できる

※日光浴ができる

※運動不足を解消することができる

※ワクワクすることで心身をリフレッシュできる

※菜園仲間ができて世界が広がる

 

いかがですか?かなり豊かになった私の生活ですが、ネット社会の今はさらなる楽しみ方があることをしりました!

今はYouTubeで料理レシピを検索される方が多いようですが、「ハングアウト」を使って、野菜やレシピ、料理の写真を送信しあうことができます。

メールもいいですが、こんな楽しい、美味しい情報を共有できることは素晴らしいですね!この時代に生きていることに感謝しながら、さらなるワクワクを見つけたいと思います。

 


スポンサードリンク


2021年3月20日
から admin
0件のコメント

春彼岸によせて~母さんたくさんの愛と宝をありがとう

今日、3月20日は春彼岸の中日ですね。

お彼岸と言えば“お墓参り”と思っていた私ですが、古稀を過ぎてから少し見方が変わってきました。

確かにお墓参りをすると心はスッキリするけれど、なにかもう一もの足りないな~という思いに駆られていた私・・・。やっとその理由がわかりました。

 

 

人は亡くなると、いつでも自分の気になる人のそばに寄り添うことができるようになるのだそうですね。ある方からその事を聞かされた時、私は両親、特に母のことを思い浮かべました。そして、お彼岸だけでなく、折に触れて故人に思いを馳せることが大切な供養なのではないかと思ったのです。

「這えば立て立てば歩めの親心」ということわざがありますが、子育ては楽しいことばかりではありませんよね。ことに私の場合は思い当たることがたくさんあります。ありすぎます!本当に、母にはずいぶん迷惑をかけました。

 

凍傷にかかって仮死状態で生まれてきたという大変な誕生。今から71年も前のことですからどんなにか大変だったことでしょうね。そしてその後も数え切れないほど問題山積みの子供でした・・・。

貧乏人の子だくさん、おまけに病弱だった母。普通の子育ての何倍もの努力のいる子育ては、どんなにかつらかったことでしょう、苦しかったことでしょう・・・。自分が母親となり、3人の子供を育てるという体験をすると、さらにその思いは強くなります。

 

 

遠い記憶に残っている一コマ一コマを思い出す度に「感謝」という言葉では言い尽くせない恩を感じるのですが、やっぱり口にするのは「産んでくれてありがとう!育ててくれてありがとう!という言葉しか出てきません。

私の生来の性格もあるのでしょうが「1回でダメなら10回やるさ、10回でダメなら50回、それでもダメなら100回までは笑ってやれるよ!」という落語の世界の住人のような私。このノー天気は、この人が母親だったからこそ引き出すことができたのだろうと感謝する毎日です(笑)

ピンチの折々に母がさりげなく渡してくれた愛と宝は、今もさらに輝きを増して、私を助けてくれています。

その宝とは次の5つです。

 

1)自分を大切にする心

2)決して諦めない心

3)感謝する心

4)花や野菜を育てる優しい心

5)どんな時も楽しみを見つける遊び心

 

 

ピンチの時には、これらのことを思い出していると、自然に心が落ち着いてきます。時に無視されるようなことや、バカにされるようなことがあっても、これらの心と向き合っているとなぜが元気が出てきます。

バカにされたからといって命までとられる訳ではありませんからね!どこかに誰か一人でも、私のことを必要としてくれる人がいたならそれでいい・・・そう信じて私は生きています!