ナツメブログ

田舎暮らしをより楽しむ主婦のブログ

デトックスウオーターで暑さを吹き飛ばす

植物の香りは脳に直接働きかけることで、脳をリラックスさせてくれる、免疫力が向上して心身によい効果をもたらしてくれると教えていただいたのは、いつのことだったでしょうか。

病名もつかず、薬もない・・・。体調を崩していた私は、この“香り”に救いを求めました。薔薇の香りで元気がでるというような経験があったから、抵抗なく受け入れることができたのだろうと思いますね。

手で触れて好きな香りを確かめながら、一鉢、また一鉢とハーブを買い求めて玄関先に並べていきました。ミント・レモンバーム・ラベンダー・バジル・・・と、それは十鉢を超えていたと思います。

そして夜になると、お行儀は悪いのですが歯磨きをしながら、左手で一鉢、一鉢触れては、香りを嗅ぐことを続けていました。就寝前にこうしていると、なんだかリラックスできて、幸せな気分になったことを思い出します。

そのハーブや果物などを水の中に入れておくだけでステキな飲み物に変身させることができると聞いたのは、昨年のことでした。

昨年は生姜がよくできました。妹は生姜が大好きなので、これまた大好きなレモングラスやミントなどのハーブと一緒に送った時のことです。「実は今“デトックスウオーター”にハマっているのよ。おかげで美味しくいただいているわ」とのこと。

“デトックスウオーター”って、名前を聞いただけで元気がでるような気になりませんか?困ったことに私は言葉に敏感に反応。すぐにやりたい性分なのです。(笑)

スポンサードリンク



それはミネラルウオーターに果物や野菜を入れておくだけの飲み物。簡単に作れるよとのことでした。

ボトルにミネラルウオーターを入れ、適当なサイズにカットしたフルーツや野菜を加える。ふたをして冷蔵庫に入れ、しばらく置いたら完成!フルーツや野菜の香りがミネラルウオーターに移り、爽やかな飲み物に変身するとの説明に、もうワクワクでしたね。

ただし一つ注意することがあって、24時間を目安に飲みきるようにとのことでした。漬けておく時間は2時間から6時間くらい。香りのでにくいものは、少し漬ける時間を長めにしたらいいわとのことでした。

さて、材料は何を使おうか?と考えて、どうせなら食欲のでるもの、血行不良を改善してくれるもの、夏バテに効くものということで、生姜・紫蘇・レモングラスを中心に、果物を組み合わせていくという方法をとることにしました。

果物は、ブドウ・リンゴ・パインなどをカットして入れていますが、私が一番好きなのは青みかんです。もともと青みかんは好きなのですが、青みかんはクエン酸が豊富に含まれているという点が特に気に入っています。疲労回復効果、血流改善効果と、効果効能が並ぶとますます好きになりますね。

“冷え”との戦いは35年にもおよびます。元気そうに見えても、ちょっとした気候の変化に弱いですから、デトックスウオーターの助けを借りて、この夏を乗り切ろうと思っています。


スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。